ファクタリング後の会計処理

ファクタリングは、売掛金を債権として設定し、ファクタリング事業者に買い取ってもらうことで、現金化させる資金調達方法です。そのため、同じ資金調達であっても、金融機関からの融資とは異なる会計処理となります。

ファクタリングの手順ごとの会計処理

売上(売掛金)の発生時

まずは、売上(売掛金)の発生時の会計処理です。

状況 貸方 借方
売上(売掛金)の発生時 売掛金/5,000,000円 売上(消費税課税対象取引)/5,000,000円

「売掛金」が貸方で、「売上」が借方に記載されます。「売上」は消費税の課税対象となるのでご注意ください。

ファクタリング事業者との契約時

状況 貸方 借方
ファクタリング事業者との契約時 未収金/5,000,000円 売掛金/5,000,000円

ファクタリング事業者との契約の時点では、まだ買取額の入金がないため、未収金として扱うことになります。

ファクタリング事業者からの売掛金の買取額の入金時

状況 貸方 借方
ファクタリング事業者からの買取額の入金 普通預金/4,500,000円
売上債権売却損(非課税)
/500,000円
未収金/5,000,000円

売掛金を売却したことになるため、普通預金口座への入金と同時に、売上債権売却損が発生。この時点で、未収金が借方に移動します。

売掛金の買取と入金が同時(即日入金)の場合

状況 貸方 借方
債権買取後、即日入金の場合 普通預金/4,500,000円
売上債権売却損(非課税)
/500,000円
売掛金/5,000,000円

ファクタリング業者より債権(売掛金)買取の即日に入金された際には、借方には未収金ではなく「売掛金」を記載します。