ファクタリングの現金化=債権買取後の前渡金

ファクタリングは、企業が比較的短期間で資金を調達するための方法のひとつです。ファクタリング事業者が売掛金を債権として設定してから買取し、前渡金の形で、申込者が指定した金融機関の口座に振り込まれます。

その後、売掛金が回収されてから、申込者はファクタリング事業者に、債権の買取額と事務手数料を合わせて支払った時点で完了です。

3社間ファクタリング

3社間ファクタリングとは、申込者の企業とファクタリング事業者、そして売掛先の企業の3つが関わるファクタリングの種類です。

申込者は、売掛金を債権にすること=ファクタリングを行うことを、売掛先の企業より承諾を得る必要があります。

ファクタリング事業者が債権者として優先されるために、債権譲渡登記を法務局にて実施するケースも少なくありません。

2社間ファクタリングとの違い

2社間ファクタリングでは、売掛金の回収後、ファクタリング事業者に債権(売掛金)の買取額と手数料を支払うまでがセットとなっています。

一方、3社間ファクタリングでは、ファクタリング事業者に債権譲渡をすることが前提となるため、売掛金の回収は、申込者ではなく、ファクタリング事業者の担当です。

申込者は、債権(売掛金)の買取の時点で、ファクタリング事業者より、買取査定額を受け取ります。

ファクタリングに分割払いは存在しません

ファクタリングは、あくまでも「債権の買取」のため、売掛金の回収後に一括払いにて買取金額を納めることが基本です。
分割払いは金利が発生することから、貸金業登録事業者でないと実施できません。

仮にファクタリングの際、分割払いを持ちかけられた場合には、違法業者の可能性が高いと思われます。速やかに取引を中断しましょう。