ファクタリングと銀行融資の相違点

ファクタリングは、すでに存在する売掛金を債権に設定してから、ファクタリング業者による「買取」という形で現金化させる資金調達方法です。

「債権の買取」という扱いのため、貸金業登録を必ずしも義務付けられているわけではありません。

銀行融資

銀行融資は、法人などの事業者の資金調達の定番と言えるでしょう。

銀行との種類には、メガバンクと呼ばれる都市銀行の他、地方銀行や信託銀行、信用金庫や信用組合があります。
貸付金利が低めのため、返済も無理なくできる確率が高いです。

一方で、融資に対する審査も相応に行われることから、起業して間もない事業者や、他からの融資が嵩んでいる事業者にとっては、融資へのハードルが高いかもしれません。

銀行融資とファクタリングとの比較

審査時に重視される点

銀行融資で重視される点:返済能力や担保、保証人など
ファクタリングで重視される点:売掛先企業の社会的信用度

銀行融資では、貸し倒れリスクも踏まえた上で審査されますが、ファクタリング取引では、ファクタリング事業者が買取した債権(売掛金)の回収の確率の高さが優先されます。

申し込みから融資(現金化)までの期間

銀行融資:1ヵ月程度
ファクタリング:2社間では最短で即日~3営業日後、3社間は10日から20日程度

申し込みから融資(現金化)までの期間は、ファクタリングの方が、銀行融資よりも短いと言えるでしょう。特に2社間ファクタリングでは、早ければ申し込みの即日に現金化できる可能性があります。